ありがとうございました

f0362549_12232949.jpg
大病をもらって
これまでを振り返ったとき
しあわせだったなぁと思い出せる
そんな時期がいくつかありました

保育園に勤めて
こどもたちと過ごした日々は
そのなかのひとつです

離れてからも絵本をひらくと
ふわっと記憶が蘇るように
温かい感じが心に広がりました

敬愛していた方からのご感想
読み聞かせは嫌いというものがあり
それはその方の考えで
いまのわたしは
読み聞かせをする立場にはなく
その是非について考えることは
不必要なのだから
そうですかと受け止めればよいのです

数ヶ月ほどそのまま続けてきました
心のなかのもやもやは大きくなりました

治療のあと心なしか
ろれつの回りが芳しくなく
もう以前のようにスラスラとは
音読できなくなっています
あのころのあの時間の中にしか
絵本と子どもとわたしの触れ合いは
残らないかもしれません

それらを思い出すときにいつも一緒に
否定的なコメントの端々が
心に蘇ってくるようになりました

このブログは閉じることにします
また絵本を借りてきて
わくわくと開く大人に戻りたいです

ありがとうございました













[PR]
by ehonwo | 2018-05-13 13:02